投稿

2013の投稿を表示しています

御礼

お客様各位 一年間のご愛顧に心より感謝申し上げます。 来年も変わらぬご高配を賜りますよう よろしくお願い申し上げます。 なお、弊社の年末年始の休暇は下記の通りです。             稚内印刷株式会社              代表取締役 杉川 毅           記 平成25年12月28日(土)〜平成26年1月5日(日)

クリスマス・ケーキ

イメージ
印刷会社のクリスマス時期は忙しいから、いつも普段通り。 しかし、ケーキだけでも食べたいと思うのは、習慣?

お隣り

イメージ
しばらく休業していた美味しいそば屋さん 「たぬき屋」が月曜日から再開しました。 いつものように混み合っています。 よかった、良かった! 隣りにある有り難さを改めて知りました。

初日の出と温泉バスツアー

イメージ
日本最北の宗谷岬で見る「2014年初日の出」と 稚内温泉童夢のセットで宗谷バスで販売しています。 詳しくは ↓ http://www.soyabus.co.jp/2014hatuhinode.pdf 2012年

地上波 「北のカナリアたち」

昨晩、日曜洋画劇場で放送された「北のカナリアたち」 号泣したという話題が多いようですね。 映画の解説では、ヒューマンサスペンスと言われていましたが 結構涙を誘う映画でした。 それに、次代を担うキャスティングの豪華さは圧巻でしたね。 北のカナリアたちのロケ地は、礼文島が中心となり利尻島、稚内市、 豊富町となっております。 映画では厳しい冬のシーンが多いですが、夏は素晴らしいところです。 是非、ロケ地にお越し下さい。 稚内商工会議所(無限大事業)「北のカナリアたちと巡る北宗谷」 http://wakkanai-cci.or.jp/locanavi/ 礼文島観光協会「カナリアなう」 http://www.town.rebun.hokkaido.jp/canaria/

日曜洋画劇場

イメージ
12月15日(日)21:00〜23:24 テレビ初放送  待望の「北のカナリアたち」がオンエアーになります。 予告サイト http://www.tv-asahi.co.jp/nichiyou/

人類資金

イメージ
映画「北のカナリアたち」の監督の阪本順治さんが 新作「人類資金」を引き連れて稚内の映画館で上映。 その後、スピーチイベントを実施。 人類資金や北のカナリアたちの撮影のエピソードなど お話いただきました。 夜は、監督を囲んでロケ地の首長さんたちと歓談。 日本映画会の現状や映画づくりのことなど熱く語って おられました。

師走

イメージ
いよいよ2013年の12月。 一年の総決算期となりました。 ニュースで見る限り、ずいぶん道央は雪が積もっているようです。 留萌管内幌糠は90cmを越えたとか・・・ 日本最北の稚内は積雪0cmです。 ロッテの冬季限定の生チョコが美味しかったので ちょっとCM。

初雪

イメージ
冬のたより。

稚内港

イメージ
今は天気が良いのですが、午後から明日にかけて 大荒れの予報。 底曳船も港に入ってきました。

【年賀】ランキング

イメージ
当社ウィンドに、年賀状人気ランキングを発表しています。 ご参考に・・・

通勤

イメージ
バスでの通勤を始めて半年。 毎日って訳ではないが、それでも週に3回は利用している。 自宅からバス停まで5分、下車して会社まで30秒。 乗っている時間は15分、その時間は有効に使えます。 ・朝刊を結構読める。 ・眠いときは寝られる。 ・住所の詳細(何丁目)を覚えられる。 ・同じ人が乗ってくる。 ・ラク。 バスの運転手、乗客など様々な人が乗るので 観察しているだけで楽しい。 タクシーだと2,000円、バス賃は210円。 安い、楽チン、エコロジーとメリットは多い。 今朝、いつもより1本遅いバスに乗った。 1本の違いで、結構新鮮でした。 ドラマは身近なところにあるんですね。

パワーの源

イメージ
今朝は素敵な朝日でした。

稚内印刷は、わかるかな?

イメージ

お散歩

イメージ
体験飛行で僅かな空のお散歩。 すっかり秋景色です。  稚内公園の百年記念塔

イメージ
今朝、ふきの葉にうっすら霜が降りていました。 初冬の便りですかね。

しじみラーメン

イメージ
塩味のラーメンでけっこう油が浮いていますが なぜかクドくない。しじみのせいなのか? なかなか美味い。 はるき茶屋のしじみラーメン

2014年 年賀状印刷はじまりました

イメージ
今年も年賀状印刷の時期がやってきました。  お申し込み・お問い合わせは 電話 0162-23-3258   または  下記をクリック!

寒い一日

稚内は台風の影響は少なかったのですが、寒くてビックリ! と、思ってニュースをみたら帯広などでは積雪。 例年より一ヶ月は早いときいて、さらに驚いています。 今年の冬はいつもより早いのかな〜 伊豆大島では土砂崩れが起きて、大勢の行方不明者がでている。 台風26号は大きな爪痕を残していったようです。 少しでも早く救出されることを祈っています。

記念撮影

イメージ
コンサート終了後の記念撮影。 旭川公演も盛況に終えたそうです。 松村代表(右)と写真撮影

御礼

和太鼓松村組稚内公演が、盛況に終えることができました。 チケットをご購入くださった皆様 プログラムにご協賛を頂いた各企業の皆様 そして、ご来場いただいた皆様に感謝を申し上げます。 入場者総数743人が松村組の演奏に魅了されたようで 公演後のグッズ販売、ファンクラブの入会、アンケートに 皆様の熱い想いが表れていました。 本日、松村組は緑が丘学園と木馬館に慰問に伺い 赤平に向かいました。 これからも、松村組の応援をよろしくお願いします。 公式サイト http://wadaiko-matsumura.com               稚内印刷株式会社 杉川  毅

和太鼓 松村組

イメージ
明日(10/3)19:00から稚内総合文化センターで 和太鼓 松村組 稚内公演が行われます。 太鼓ばかりではなくマリンバやオカリナ・ケーナなどの 楽器とのコラボなど見所、聞き所がいっぱいです。 また、地元の太鼓のメンバーによる前座もあります。 ※本事業は当社の90周年の記念事業として応援しています。

イベント

イメージ
稚内信用金庫・稚内中央商店街・稚内青年会議所・稚内観光協会などが 連携して9/28.29の両日イベントを開催。 大勢にお客様でにぎわっていました。 稚内JCの取組んだ「わくわくワークフェス」は、なかなか良い取組みでしたね。 これって来年に向けてもっと規模を大きくして実施してはどうでしょうか? 出村理事長、是非つないでください。 信金 健康セミナー こども動物園 こども動物園 こども動物園 ワークフェス ワークフェス

季節は・・・

本日14時の気温(車の温度計)は、なんと13度。 寒い! という訳で、年末の風物詩である年始挨拶の欠礼の挨拶状(喪中)の 受付を始めました。 そんな季節になったんですね。 当社のTOPページをご覧ください。 http://www.wakkanai-printing.co.jp

サハリン

イメージ
天気がイマイチでしたが、サハリンのシルエットがくっきり。 これからは空気が澄みますので、見える機会が増えますね。

カナリアパーク

イメージ
礼文島の北のカナリアパーク。 入場者数が8,000人を越えたようで、年内に10,000人達成できれば 話題になるのですが・・・。 すっかり秋空になった北宗谷の空です。

これから・・・

イメージ
綺麗な夕景が見られる季節です。

稚内に出張でお越しになる皆様へ

イメージ
北観協稚内地区本部が、わっかないの夜を気軽に楽しんで 頂こうと わっかナイト というユニークな企画をしております。 稚内への出張の際には、是非ご利用してください。

シーニックバイウェイ

イメージ
シーニックバイウェイ北海道の審査委員の先生方をはじめ 北海道開発局メンバーなど一行17名の利尻・礼文・稚内の 視察調査を受け入れ、下記の事業を紹介しました。 利尻では、登山道保護活動、遊悠覧人G活動。 礼文では、ロケ地支援事業、リボンプロジェクト。 稚内では、フットパス事業、ビューポイント、観光を考える会の活動。 関係された皆様、お疲れさまでした。 百年記念塔前の展望台 北のカナリアパーク

ハートランドフェリー

イメージ
ラーメン万博村に新店舗が9月末まで営業中。

フットパス in サハリン

イメージ
エコ・ネットワーク(代表:小川 巌)さん一行10名が サハリンを歩破しに22日稚内から船で向われました。 自然がたっぷりのサハリン。 ユジノサハリンスクより北側を廻るようです。 帰国は27日(火)のようです。

港まつり

イメージ
晴天の港まつり。 夜には市民踊りが繰り広げられました。 踊りが終わり帰ろうとしたときに「南中ソーラン」のパフォーマンスで 「あっ!」と言う間に人だかり。 やっぱり、盛り上がります。 人だかりの中心で踊る南中OB アーケードでは恒例の平和を祈る千羽鶴が吊るされていました。

まだまだ絶好調の北宗谷です

イメージ
◎ 宗谷シーニックバイウェイ情報交換事業から

カッコいい〜

北海道の防災ヘリ「はまなす」がやってきました。 全長   17.1m 全幅   2.8m 全高   4.6m 最大速度 259.3km

夏期休暇のお知らせ

いつも大変お世話になっております。 8月に入り日本最北の稚内市の夏も残すところ・・・という日数を 気になるころになりました。 さて、当社の夏期休暇は下記の通りとなっております。 ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いします。              記   夏期休暇期間  8月15日(木)〜8月18日(日)  ※なお、会社の電話は転送電話になっておりますので、お急ぎの  方はご連絡ください。                               稚内印刷株式会社                   代表取締役  杉川 毅

飛鳥2

イメージ
巨大です。白いマンションみたいな「飛鳥2」。 スケールが違いますね。 7月29日(月)10時に出航しました。 <概要> 総トン数 50,142トン 全長     240.96m 全幅     29.6m 定員   最大940名 乗組員    440名 稚内港に停泊中の「飛鳥2」

カナリアパーク〜追加〜

イメージ
皆さん、吉永小百合さんの出番を 今か今かと待っていました。 大勢の方々が集まっていました。 7月25日のオープン前

稚内料理飲食店組合主催 飲食店祭り&飛鳥2入港歓迎

イメージ
晴天に恵まれたキタカラ前で開催された 料理飲食店組合のイベントは大賑わいでした! 客船飛鳥のお客様、乗務員、観光客、市民が 一堂に集っていました。

ロシア アンサンブル 来日

イメージ
カーリンカ、カリンカ、カリンカ、マイヤー♪と ロシアの愛唱歌「カリンカ」。 「北のカナリアたち」の映画の中でも歌われています。 本場サハリンからアンサンブルが稚内観光のPRの お手伝いのために来日されました。

オープンした、北のカナリアパークに関する情報

イメージ
雨が心配されたなか、誰かのパワーが働いたのか 吉永小百合さん一行が乗った利尻行きの船が出港した後 ドシャ降りの雨。 持っている人がいたようです。 「写真・録音は禁止です」ということで撮ってきた写真は 下の三枚です。 オープン記念の金色のアツモン(ご利益ありそう) 利尻昆布塩味の花畑牧場アイスクリーム タイトルは吉永小百合さん直筆のパンフレット

てっぺん フライ チェアー

日本最北端の宗谷岬や宗谷湾、さらに眼下には稚内港を見下ろすブランコ。 まるでアトラクションのようです。

北のカナリアたちと巡る北宗谷

イメージ
夏、真っ盛りの日本最北エリア。 昨年公開された映画「北のカナリアたち」のロケ地を巡る旅が ちょっと面白そうです。 URL   http://wakkanai-cci.or.jp/locanavi/

礼文島 北のカナリアパーク OPEN!

2012年の映画「北のカナリアたち」に使用した学校が記念館として 7月27日にオープンします。 それに先立ち、7月25日のオープンセレモにーに吉永小百合さんが 礼文島に入ります。 10:40〜  阪本監督囲み取材 11:30〜  オープニングセレモニー

道端の花

イメージ
238号。 稚内から網走をつなぐ319.7km。 稚内から向うと左手にオホーツク海を望みながら南下していく事となる。 道路脇には草がボウボウと生えている。 あ〜ぁ、維持管理費が削られた結果・・・と思いながら 注視すると何と! まさに大自然が創作した花道ができて、走行車を歓迎してくれていた。 こんな道路、ここ238号にしかないのではと、ふと思った。

Blue Soya Bus

イメージ
鮮やかな藍色をしたバスが、近々最北の街を走りそうです。

大量の牧草ロール

イメージ
猿払村は、ホタテが有名ですが酪農も盛んです。 ライダーのあこがれの道であるエサヌカ線の両脇は ただいま牧草刈りの真っ最中。 しかし、これだけ数があると圧巻です!

日本最北端の地の碑の向こう

イメージ
夏、日中にサハリンの島影が見える日は 非常に少ないが早朝はすっきりと見ることができました。 43km先の異国ロシアサハリン州。 稚内からは船が出ています。 http://www.heartlandferry.jp/sakhalin/index.html 実際は、もっと見えたような気がします。

朝の静けさ

イメージ
先週は晴れの非が多く、この時期では珍しいほど空気も澄み切っていた。 宗谷岬に行く途中、宗谷湾を挟んで利尻山がくっきりと姿をさらす。 朝5時30分頃の綺麗な画像です。

宗谷丘陵フットパス

イメージ
フットパス。 英国で発展したフットパス。 日本にも最近は馴染みが深い。 稚内では、いつの頃でしょうか・・・ 写真は、どこ?って思う方々、これは稚内の宗谷丘陵フットパスです。 記憶では11〜12年くらい前に、当時稚内観光協会の事務局長だった重元さんが 「これからの観光は、体験できるメニューが必要で宗谷丘陵を歩かせたらいい」と 話しており、宗谷丘陵が好きだった私も賛成していたが 当時「誰がそんな何にも無いところを歩くのよ!」と言われたものでした。 しかし、今では宗谷名物のホタテの貝殻を粉砕して敷きつめたことで 空の青さと海の蒼さと緑の草木と白い道がマッチングしています。 このフットパスも、陽の目を見れたのは商工会議所が取り組んでくれた 無限大全国プロジェクトのおかげです。 北海道フットパス協会の小川  巌先生にも、「ここは良い!」とお褒めも 頂きました。 時間があるかたは、是非美味しい空気と美しい景観をお楽しみください。