礼文島

 船泊湾の海岸に打ち上げられている「穴あき貝」。

名前はエゾタマキカイ。

穴を開けた犯人は「ツメタガイ」という巻貝で、酸性の分泌液を出して

歯舌で削って中身を食しているということです。

可哀想だが、貝としては可愛いですね。

海岸にはいっぱい落ちていました。





コメント

このブログの人気の投稿

4回目の環境認定工場の現地審査はじまる